普通運転免許を取得するまでの流れ

普通自動車免許を取ることによりどのようなメリットがあるか

本人確認として使用されることが多い

日々私達が街中で、目にしている乗用車を運転するのに必須なのが、普通自動車免許です。
普通自動車免許書をもっていると、買い物や出勤という交通手段やドライブ・荷物の運搬・家族の送り迎えなどの日常生活に必要な車の運転をすることが可能です。
普通自動車免許については、マニュアル車とオートマチック車に限定されます。
厳密にいうと、普通自動車免許はマニュアル車の免許の事を指し、マニュアル車・オートマチック車のどちらも運転が可能な免許のことです。
オートマチック限定は文字通りオートマチック車しか運転ができない免許のことです。
日本で走っている車の大半はオートマチック車となり、多くの方はオートマチック車限定免許を取得しています。
マニュアル車免許については、車好きの方の免許で、様々な車を運転したいという方におすすめの免許です。
普通自動車免許で運転が可能な車の条件については、車両総重量が3.5トン未満 最大積載量は2トン未満で、定員数は10名以下となっております。
2017年3月12日に道路交通法が改正されることにより、普通免許と中型免許の間に「準中型免許」が新設されたのです。
それによって2017年3月11日までに普通自動車免許を取得していた方は、現在の区分と異なり、車両総重量は5トン未満で最大積載量は3トン未満で、定員数は10名以下という条件になります。
普通自動車や原動機付自転車・特殊小型自動車などを運転することが可能です。
普通自動車免許取得するには、年齢制限や視力などの条件が設けられています。
年齢については、18歳以上で、視力については片眼で0.3、両眼で0.7以上(眼鏡・コンタクトレンズ・レーシック手術での視力矯正は可)です。
片眼の視力が0.3に満たない際や見えない場合については、もう片方の目の視野が左右150度以上あり、視力が0.7以上あれば大丈夫でしょう。


ページ
先頭へ