普通自動車免許を取ることによりどのようなメリットがあるか

普通自動車免許書をもっていることで行動範囲が広がる

自動車教習所を修了した後に

普通自動車免許を取得する際には、まず自動車教習所に通わなければなりません。
そこで教習を行って、必要となる運転技能や交通規則などを身につけます。
自動車教習所を修了した後に、運転免許センターにて運転免許試験を受けて合格するというのが一通の免許取得までの動向になります。
教習所に通わずに、いきなり運転免許センターにて、仮免許試験や本免許試験・学科試験を受ける「一発試験」という方法もあるのですが、これについては一般的に免許を持っていた方が再取得をする際に行うもので、とても難しいものなので、これから運転免許を取ろうと思っている方は、基本的に教習所に通ったほうが良いでしょう。
教習方法については、通学免許と合宿免許があり、どちらも教習内容に異なる点はありません。
ただ、自分の予定に合わせて教習を進めていく通学免許は、毎回教習の予約を取らなければいけないので、期間は合宿免許よりも長くかかるでしょう。

安全運転を行える性格や心理状態か

通学免許では、免許取得までに2ヶ月から3ヶ月程度かかるのが一般的ですが、合宿免許の際は最短で14日間で取得することが可能です。
自動車教習所で行われている教習予定の大まかな流れについて、まずは入校手続きを行い、校内の案内と入校するにあたり車を運転する際に必要な基準を満たしているかの適正検査が行われます。
適性検査については、視力・聴力・運動能力の検査となり、また運転適性検査(適性診断)というような、安全運転を行える性格や心理状態か調べる心理テストなども行われます。
教習を行う前段階で、先行学科1を受講してもらい、ここでは運転の心得やモラルなどを学びます。
教習は技能教習と学科教習にわかれていて、それぞれ2つのステップを踏んで行われます。
学科教習は10時限で技能教習はオートマチック車が12時限、マニュアル車15時限となります。
第一段階の教習を終えたら、修了検定と仮免学科試験テストが行われます。



ページ
先頭へ